食と健康を考える会
食と健康を考える会
今日では、食に関する様々な情報が満ち溢れています。
当研究グループは、溢れる情報が健康と結びついたとき、本当に役立つものなのか検証しながら適切な情報を発信したいと活動をスタートさせました。
現在、メンバーは5名で、それぞれ食の安全・食品の栄養・調理指導などの得意分野を持っており、力を合わせて所期の目的に向かっていきます。

食と健康を考える会からのお知らせ
    次の10件>>
食品の安全を考える(その8) 農業従事者問題(下)    2022-6-9
<新規就農者は特に若年世代で定着していない。>
<お米の自給率の変遷>
明治時代には輸出国であった日本は、急激な人口増と米食率増に生産が追いつかず、戦前・戦後にわたる約70 年の間、お米が国内で自給できずに輸入。現在、米の消費減少が続き、国内の農業生産基盤の維持が大きな課題
<お肉の消費>
最も伸びたのは高度経済成長期(1960 年頃〜70 年代初め)で、その後の安定成長期も増加。昭和35(1960)年度と令和元(2019)年度の1 人当たりの消費量を比較すると、お肉(牛肉・豚肉・鶏肉)の消費量は約10倍に増加した一方で、お米の消費量は半減 (農水省hp)
<消費減少による生産者の危機>ほか、様々な情報が詰まっています。

詳しくは【詳細はこちら】ボタンをクリックし、ご確認下さい。

食品の安全を考える(その7)    2022-3-5
★農業従事者問題★上

農業就業人口はここ10年で大きく減少し、同時に少しずつ高齢化が進行している一方で、法人化が進み常時雇用者数は増加しています。

北海道も、企業等の農業への参入は増加傾向。2018年の農地所有適格法人による参入は211経営体。

これからの農業経営では、規模拡大と経営の効率化が最大の課題」とのことです。そのためには、「新規雇用就農者」の確保と定着を積極的に推進する必要が。

そのうえで、雇用する人材に対しては安定的な収入を保証し。住居の斡旋や休日を取りやすくするなど、受け入れ態勢を整える必要があります。

また、インターンシップやトライアル雇用(一定期間試雇用)の機会を増やし、農業に興味のある人の受け入れも強化しなければならないとしています。

詳しくは「詳細はこちら」ボタンをクリックし、ご確認ください。

食品の安全を考える その6    2022-2-7
食料自給率
「日本の食料自給率は37%」

「先進国の中でもダントツの最下位」なの?
食料自給率は令和2年度でカロリーベース37%!
生産額べ―スでは67%?

なぜ違うのでしょうか。食料自給率について調べました。
とても複雑で自給率の内容は様々な要素が含まれている事がわかりました。

詳しくは「詳細はこちら」ボタンをクリックし、ご確認ください。

食品の安全を考える(その5)    2022-1-4
世界の農薬使用規制が厳しくなって、主要国では減少気味です。
近年、安全性の面からも品質の良い農薬が販売されているけれど、天候の不順、病害虫の発生など、予期しない対策に翻弄され、食料不足や大量廃棄が起こるのが自然相手の農業です。

農薬の使用量推移は多くの国で横ばい、減少傾向にあります。日本、オランダ、イタリアといった集約園芸的生産に特徴のある農業でも、近年農薬使用は減少傾向が見られます。

農薬規制については日本でもヨーロッパでも安全性と生産性とのジレンマにさらされている。日本以外の東アジア、特に中国でも、農民の農薬被害、消費者の安全ばかりでなく、環境面の負荷としても、安全性と生産性のジレンマを解決する方向性が望まれています。

詳しくは【詳細はこちら】ボタンをクリックし、ご覧ください。

食品の安全を考える (その4)    2021-12-5
日本は高温多雨な気候であるため、病害虫が発生しやすく、病害虫による減収、品質低下等を防ぐため、欧州各国に比べて農薬使用量が多いのが現状です。。

農地集約型農業は、なんとかして生産力を高めようとしているので、使用量は農地面積当たりでは多くなります。

国際的には、平成27年7月、Codex委員会において小麦、大麦、トウモロコシ及び穀類加工品について基準値が設定され、平成29年に我が国でもALALAの原則を検討中です。
*ALALAの原則「合理的に達成可能な範囲でできる限り低くすること

食品安全行政は、安全に関する問題を未然に防止する考え方が前提となっています。食品の安全を確保するため、将来生じるおそれのある悪影響の可能性や程度を推定し、事故の未然防スク管理)のためにもこの取り組みは重要なのですが…

後手後手になっている対策で、農薬と国に対する不信感が私たちの間にあるようです。今回はこの農薬について取り上げました。詳しくは「詳細はこちら」ボタンをクリックし、ご確認ください。

食品の安全を考える (その3)    2021-11-5
消費者は「食品のリスクはゼロであるべき」と考え、食品添加物、農薬等の人工物については、リスクを過大に捉え、対照的にジャガイモのソラニン等の天然物質については、リスクを過小に捉える傾向があります。

過大評価例として、蜂蜜の自主回収が週刊誌、ネットでとりあげられ、スーパーの棚にも、回収の表示がされていました。

今回は、その例を中心に解説いたします。

詳しくは下記【詳細はこちら】ボタンをクリックし、ご覧ください。

食品の安全に関するリスクコミュニケーションのあり方について    2021-9-4
H27・5月「食品安全委員会企画等専門調査会報告」よると
【問題点】双方向の情報・意見交換を意図して開催した意見交換会が、一方的な説明や一部の者の主張の喧伝の場となっていたことも…

【課題のひとつ】科学的根拠に乏しい情報が氾濫し、消費者等がそれらに振り回されている状況がみられる。

上記のような現状は、科学的根拠に基づくリスクアナリシスの考え方が、リスク情報の送り手、受け手の双方に広く普及していないことによる。

としています。今回は、そうしたリスクコミュニケーションについて取り上げました。

詳しくは下記【詳細はこちら】ボタンをクリックし、ご覧ください。

食品の安全を考える「食品に含まれる発がん物質」    2021-8-5
今回は、発がん性がある化学物質を含む食品の安全性について考えてみたいと思います。

「発がん物質」とされてきたものの中には,特定の動物にのみ影響が見られるものや,化合物の毒性影響の結果として二次的にがんができるようなものは、ヒトが食品から摂る量ではヒトへの影響はないと考えられるようになってきました。

食品安全委員会では「調理過程において遺伝毒性発がん物質が発生するという事実にも関心を向け、出来る限り発生を避けるような調理法を自ら行うように心がけ、発がんのリスクを減らすよう努力すべき」と言っています。

結論は、あれが健康に良いと、良い物探しに関心を持ったり。これさえ避ければ安全という事はなく、科学の進歩はまた新たなハザードやリスクを発見するかもしれない。いかに多様な食べ物をまんべんなく食べる事なのでしょうか。

詳しくは【詳細はこちら】ボタンをクリックし、PDF文書をご覧ください。

科学技術の進歩で腸内細菌の構造が明らか に!    2021-6-4
私たちの体に棲み付いている腸内細菌と健康、疾病の
かかわりもこの先解明が進むと予測されます。

乳酸菌やビフィズス菌は、プロバイオティクスともよばれ、人間の腸内にすみつくことができる細菌 (いわゆる善玉菌) で、チーズやヨーグルトなどの発酵食品に多く含まれます。

ヨーグルト等は個々人によって、相性の良いものとそうでないものがあるようです。
高価なヨーグルトを食べても、そのヨーグルトに含まれる特別な菌が自分の腸に合わない可能性はあるとのこと。

巷のうわさ、食品の表示だけで、安易に受け入れることは考えもの。学んで、話し合って理解を深めませんか。

詳しくは【詳細はこちら】ボタンをクリックし、ご確認ください。

食品の機能性が注目されています。今回は 植物 以外 に ついての情報です    2021-4-1
食品の三次機能 「生体調節機能」
【機能性ペプチド】を取り上げました。
そもそもペプチドとは、たんぱく質がアミノ酸まで分解される手前の状態。
体内で重要な働きをするものは生理活性ペプチドと呼ばれています。

<研究されている主な生理活性ペプチドの作用とは>
<どのような種類と働きがあるの?>
<使い方を間違えると思わぬ 弊害も>

など、いずれも、体調が気になる年代の方々にとって関心のある機能性に関する情報をお届けします。
詳しくは下記【詳細はこちら】ボタンをクリックしご確認ください。

    次の10件>>