札幌ポトフの会
札幌ポトフの会の紹介
できるだけ地場産の生産物を活かして、安全でゆたかな食生活をしていくための料理研究を行っています。
また、協会活動における牛乳・乳製品、魚介類、野菜類の料理講習会での講師や、外部からの要請により講師派遣も行っています。
「北海道米料理講習会」の様子
「北海道米料理講習会」の様子
札幌ポトフの会からのお知らせ
    次の10件>>
フレイルを予防し健康寿命を延ばすために    2022-6-9
高齢者の低栄養を防ぎ、フレイルを予防するためには、特にたんぱく質をしっかり摂る事が大事です。1日にどの位の量を摂ったらよいかのおおよその目安量をしめします。
 3回に分けて無理なく摂りましょう。

また、たんぱく質が手軽に摂れる料理「★豆腐ステーキ・キムチきのこソース(4人分)」を紹介しています。

詳しい内容は、【詳細はこちら】ボタンをクリックし、ご覧ください。
 

良質なたんぱく質を意識的に摂り、フレイルを予防しましょう    2022-5-6
高齢者が新型栄養失調になり低栄養状態に陥ると、筋肉が落ち、免疫機能が低下、血管や臓器ももろくなります。

その結果、認知症や寝たきりのリスクが高まります。フレイルを予防するには食事をしっかりと摂り、特にたんぱく質を意識的に摂りましょう。

また、散歩などの運動や友人との交流、楽しく活動できる社会参加も大切です。

次の項目が一つでも当てはまれば要注意です。
・6ヶ月以内に2〜3kg体重が減った。
・肉や魚などを1日に1回も食べない時がある。
・最近歩くスピードが落ちた。

元気に過ごすため、毎日10種類の食品群を摂る事を目指しましょう。

合言葉は さ・あ・に・ぎ・や・か・にい・た・だ・く。

詳しくは下記【詳細はこちら】ボタンをクリックし、ご確認下さい。

新型栄養失調をご存じですか?    2022-4-5
近年、新型栄養失調に陥る高齢者が増えています。
厚生労働省の調査によると、70歳以上の5人に1人が該当すると報告されています。

食事をしっかり摂っているつもりでも、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどが足りない低栄養が原因と言われています。

低栄養の原因は、老化現象と粗食志向によるものです。高齢になると消化吸収力が衰え、たんぱく質を摂っても効率よく筋肉や血管にすることができません。

また、高コレステロールなどの脂質異常症を気にするあまり、卵や肉を避ける傾向にあり、たんぱく質の不足につながります。

それらに対処する方法、並びにたんぱく質が簡単に摂れる料理を紹介します。詳しくは下記【詳細はこちら】ボタンをクリックし、ご覧ください。

あると便利な「乾物」を利用しましょう!    2022-3-5
最近は乾物の良さが見直され、自宅で干し野菜などを作る人も増えています。今回はスーパーなどで気軽に買える定番の乾物について、使い方を紹介します。

高野豆腐入りつくね(4人分)
1人分182kcal 食塩相当量1.7g

ひじきご飯(4人分)
1人分440.1kcal 食塩相当量1.5g

「詳細はこちら」ボタンをクリックし、作り方資料をご覧ください。

今月は和風にアレンジした 野菜たっぷり料理です!    2022-2-5
毎日の食生活の中で十分な量の野菜を摂取できていないと感じている人は多いのではないでしょうか。野菜を食べる量が少ないと、身体にさまざまな影響が出てきて困ったことになりがちです。

野菜不足が原因で引き起こされる症状としては、■腸内環境が悪化する■肌が荒れやすくなる■疲れやすくなる
■免疫力の低下を招く■生活習慣病の要因となる■体臭がでやすくなる などが言われています。

今月は、野菜たっぷり料理のご紹介です。
「煮込みハンバーグ」
 1 人分の熱量 341kcal 食塩相当量 1.7g

「さつまいもの白和え」
 1 人分の熱量 159kcal 食塩相当量 1.44g

調理メニューは「詳細はこちら」ボタンをクリックし、ご確認ください。

ほうれん草の旬をご存じですか?    2022-1-4
ほうれん草の旬は、11月から3月です。
雪が降るほど寒い時期には、凍らないよう自ら糖度を上げるので、より甘みを増して美味しくなります。

今回は、その旬のほうれん草を使った美味しいお料理をご紹介します。

【カキのオイスターソース炒め】
1人分の熱量 168kcal 食塩相当量 1.0g

【ほうれん草とリンゴの胡麻和え】
 1人分の熱量 105kcal 食塩相当量 1.0g

調理方法は【詳細はこちら】をクリックし、ご覧ください。

12月は「キャベツの博多漬け」と「大根の和風サラダ」をご紹介します。    2021-12-5
いよいよ本格的な冬の到来!

クリスマスやお正月とイベントも多く、離れていた家族も集う季節です。

そんな時に、ちょっぴり華やかで、手軽にできるサラダを紹介します。ぜひ、作ってみてください。

【キャベツの博多漬け】
4人分 1人当たりエネルギー74K福/塩相当量0.7g 

【大根の和風サラダ】
4人分 1人当たりエネルギー76k福/塩相当量1.5g

詳しくは【詳細はこちら】ボタンをクリックし、ご確認ください。

11月は、アカネのりんごジャムの作り方をご紹介します。    2021-11-7
今が旬のあかねのりんご
酸っぱ〜い、けれど皮が赤くて一緒に煮ることで、きれいなピンク色の美味しいジャムになります。
ぜひ、作ってみて下さい。

作り方と共に、瓶の消毒と瓶詰めの仕方もご紹介しています。

この方法で殺菌・瓶詰めすることで、一年間保存できます。
また、一緒に煮たりんごの皮もデザートにして食べてみてください。

詳しくは【詳細はこちら】ボタンをクリックし、ご覧ください。

夏の疲れを取り秋バテ予防〜札幌ポトフの会    2021-10-5
暑かった夏も過ぎ、秋も深まってきました。この季節、疲労感が取れず、やる気が起きない、睡眠障害や食欲不振が続いているなどの体調不良を起こしがちです。

蓄積された疲れを取るには、たんぱく質とビタミンB1をしっかり摂りましょう。

元気の出る疲労回復レシピを紹介します。
今回は、「長芋とねぎの豚肉巻き(1人分熱量220kcal 食塩相当量1.1g)」と「なすと香味野菜のゆずポン(1人分熱量59kcal 食塩相当量0.8g)」です。

詳しくは、【詳細はこちら】をクリックし、ご覧ください。

タンパク質と野菜で夏バテ解消    2021-9-4
今回は、タンパク質と野菜中心の「夏バテ解消」メニューを考えました。

一つ目は比較的簡単にできる「鶏ハム」です。ぜひご自宅でお試しください。

二つ目「ひじきと野菜のサラダ」です。ひじきは栄養豊富な食品です。 100gあたりの含有量を見てみると、カルシウムが牛乳の12倍、食物繊維がごぼうの7倍、マグネシウムがアーモンドの2倍も含まれています。

夏バテ解消に役立つ栄養素を、お料理から摂取しながら、健康な毎日を過ごしましょう。詳細メニューは下記【詳細はこちら】ボタンをクリックし、ご覧ください。

    次の10件>>