手仕事くらぶ
手仕事くらぶの紹介
家庭で眠っている端切れや小物(リボン、ボタン、紐等)を知恵と工夫で
再利用し、暮らしを豊かにする小物づくりを実施。会員同士の交流を図るとともに、手軽にできる生活の中のReuseアイデアを情報発信します。

手仕事くらぶからのお知らせ
第4回手仕事くらぶは「がま口作り」に挑戦しました    2022-3-11
10:00  R4年度活動計画について
テーマ「家に眠つている材料を活かす活動」
6月『布のAギレでヨーヨーキルトの作品づくり」
9月「巻き織りでプローチづくり」
12月「包装紙でポツプアップカードづくり」
2月「つり雛」
活動月は、第4木曜日とし、会員向けお便りで活動日と事前に準備するモノを通知する。
お便りで知らせることで会員に自由に参加してもらう
10:30  がま口づくり
布、がま口を各自で準備
布を切つて事前準備している方も多くいたためスムーズに進めた
作り方のポイントを小野代表から解説してもらつた
13:30  後片付け
今回も新たに1名の新会員入会があった。

第3回手仕事くらぶ「飾り結び」を学ぶ    2021-12-16
10:00 美しい結び〜思いを込める〜
・結びの語源は「産霊(ムスヒ)」苔むすというように、のごとが生まれ出る事と霊力。異なるものが一つになり、新たな命が生まれる自然の神秘を表した言葉。結びには自然を尊ぶ日本人の精神性が込められている。
・水引の語源について
・水引を使つた飾り結びでお正月を彩る
・使われる機会の多い「あわせ結び」に挑戦しよう
※今回の材料:家庭にあつたタコ糸を食紅で着色した糸・譲つてもらつた水引・まくらめひも等を使つた。
12:30 飾り結びを日々の暮らしに取り入れる
13:30 後片付け
◆次回の活動◆  令和4年3月11日(金)10:00〜 14:00
「がま口づくりに挑戦してみよう」
今回、1名の新会員入会があった。

第2回手仕事くらぶを開催しました。    2021-10-21
10:00活動運営について
・材料費の徴収について
作品を制作する際に、会で保管している材料を使う場合に限つて100円から200円徴収していただく事で合意された。
・その使い道として
材料の寄付して頂いた方へのお礼の手紙やコピー代に充てる。
10:30ボタンを活かした作品作り
事前に準備している方も多くいたためスムーズに進めた。
12:00ボタンを使つた作品作りについて会員同士で意見交換
・次回の水引の作品について
資料が分かりやすいかを確認しながら難易度を話し合う
13:30後片付け
◆次回の活動◆ 12月16日(木)10:00〜 14:00
水引を使つた飾り結びでお正月を彩る
2名の新会員の入会があり、体調不良で1名の退会があったが、その方から活動運営に役立つ材料を寄付していただいた。

「手仕事くらぶ」が活動を開始しました。    2021-7-14
10:00自己紹介
名前の出来や手仕事について
10:30今後の活動について
代表:小野光注挨拶
会費:特に設けない。
会員から『資料は欲しいのでコピー代負担する」意見により、年度末にコピー代を精算することになつた。
・活動時間内であれば途中参加も入退室も自由にする。
・自宅にある材料を使つて倉」造的に愛着のある作品を作ること。
・会員同士で大いにアイデアを出し合う場にすること。
11:00コサージュづくり
12:20コサージュの活用法を提案
・次回のボタンを使つた作品作りのイメージを会員同士で意見交換
・ストールの工夫について〜高齢になつて巻くのが困難になった場合の一工夫を提案
12:40昼食
13:00自分が作つた作品を見せ合う
13:30後片付け
◆次回の活動◆ 10月21日(木)10:00〜 14:00ボタンを活かした作品作り

手仕事くらぶで活動しませんか?    2021-7-5
消費者協会に新しい研究会ができました。
ゆっくり活動しませんか?
詳しくはチラシをご覧ください。