調査部
調査部の紹介
調査部は会員の有志により構成されています。
主な活動は以下の通りです。
(1)消費生活に関わる調査
消費生活の中で話題性の高いテーマについて調査し、消費者に情報提供しています。
(2)冬期燃料価格調査
各区の調査協力員(約60名)が灯油・ガソリン・プロパンの価格を調査します。
調査期間は9月から3月までの7か月間です。
表示を調査したマヨネーズ類
表示を調査したマヨネーズ類
調査部からのお知らせ
<<前の10件    
アンケート調査ご協力のお願い    2015-9-1
会員 各位

  アンケート調査ご協力のお願い

ここ数年、テレビや新聞などで「詳しくはWeb(ウエブ)※1で」「ホームページでご確認ください」などというコメントをよく見かけるようになりました。

また、印刷資料はめっきり減り、「必要な方はホームページからダウンロードして下さい」という事も多くなってきました。このようにインターネットの利用が生活に欠かせなくなってきています。

そこで、調査部では皆様がどのようにインターネット環境と向き合っているのかを下記の要領でアンケート調査を実施し、困っている事、心配な事も含めて、よりよい付き合い方、対処法を見つけていく手がかりとしたいと考えています。

ご協力、よろしくお願いいたします。

注釈※1   インターネット上で標準的に用いられている、文書の公開・閲覧システム。
文字や画像、動画などを一体化した文書をネット上で公開・配布したり、また、それを入手・閲覧することができる。(IT用語辞典より)
  


アンケート期間  平成27年9月5日(土)〜9月30日(水)

提出方法     下記のいずれかの方法でお願いします
         1. FAXにて協会事務局まで
         2. 協会事務局へ持参
         3. 各地区調査部員に手渡し

結果公表時期   平成27年12月のおたよりに同封予定

問合せ先     協会事務局 728−8300(星原)

アンケート回答用紙は、【詳細はこちら】ボタンをクリックしてください。   

スーパーの配送サービスに関する実態調査結果を公表    2015-3-10
札幌消費者協会は調査部と教育部合同で、札幌市内のスーパーにおける「配送サービスに関する実態調査」を実施しました。
近年、買い物に困難を覚える高齢者等が増加しています。
最近ではネットスーパー等の様にインターネット上で注文決済を行うものもありますが、パソコンを操作できない高齢者には身近とは言えませんし、定期配送型の宅配サービスは、週に一回程度の配達となり注文から配達までの所要時間も長いなど、手軽とはいえない面もあります。
そうした環境の中、市内のスーパー等においては、買った商品を当日中に自宅まで届けてくれる、「配送サービス」を実施するところが増えてきました。買物をして手ぶらで帰ることが出来る「配送サービス」は足腰に自信が無くなってくる高齢者にとっては、大変ありがたいサービスです。
「配送サービス」の内容はどのようなものか、また高齢者などへの優遇措置などについて、市内10 区の50 店舗を抽出調査しました。

調査結果詳細は以下のボタンをクリックし参照下さい。

<消費税アップで、物価もアップ?!>    2014-10-31
<消費税アップで、物価もアップ?!>
札幌消費者協会では、平成26年3月に緊急物価調査を行い、消費税増税後の平成26年4月〜9月までの価格にどのような影響がみられたかを調査しました。

なお、4月〜9月の価格は札幌市の生活関連商品小売価格緊急調査(平成26年)結果を参考にしました。

今回の調査では、消費税増税の影響があると推測される商品は生鮮食品より加工食品に多い傾向でした。

7 月以降、小麦粉、チーズ、チョコレート、ハム・ソーセージ等、加工食品の値上げラッシュが続き、今冬は電気・灯油の価格アップが加わります。

円安の影響により輸入原材料の値上げは避けられないこと等から、このような状況はまだまだ続くと考えられ、この上、更なる増税はもってのほかです。

(グラフは調査した33品目中の一部)


調査部からのご案内    2013-3-30
【募集】
〜調査部活動に参加しませんか〜

調査部では25年度、燃料調査協力員及び調査部員を募集します。
協力員だけでも、調査部員だけでも、両方でもかまいません。

・燃料調査協力員の仕事 … 購入している灯油・ガソリン・プロパンの価格を調査部員に報告

■灯油 おおむね100リットル以上購入の宅配価格
■ガソリン 店舗で現金買いしたフルまたはセルフの価格
■プロパン 取引店舗の基本料金、5立方メートル、10立方メートルの価格
調査期間 9月から翌3月までの毎月1日から3日の価格 

・調査部員の仕事
  地区の燃料調査協力員から報告された価格を集計し、協会にFAX
  調査部員でテーマを決め調査を行いまとめる。

【問合せ】(一社)札幌消費者協会組織課 TEL.011-728-8300(担当:星原)

アンケート「あなたはどんな葬儀を望みますか」の調査結果を発表    2013-1-19
平成24年9月〜10月に、多くの市民のご協力のもと実施したアンケート「あなたはどんな葬儀を望みますか」の結果がまとまり、このほど公表致しました。
送る側としても、送られる側としても、誰もが直面しなければならない葬儀に対する、いまどきの市民の考え方が、読み取れます。
詳しくは、以下の「詳細はこちら」ボタンをクリックして下さい。



また、同アンケートの結果は北海道新聞でも取り上げられ紹介されています。(北海道新聞2013年1月19日朝刊) 掲載内容については、以下の「詳細はこちら」ボタンをクリックして下さい。


「札幌市における高齢者の買い物環境に関する意識調査」の結果を公表しました。    2011-2-28
当協会調査部では、全国で問題になりつつある「高齢者の買い物環境」が、札幌市においても生活する上で不便を感じているのではないかという視点で、昨年10月から全区において65歳以上の札幌市民にアンケート調査を実施し、このたびその結果がまとまりました。

調査の結果では、
・高齢者の中で4人に1人は「買い物に不便を感じている」
・27.6%の人は「お店が歩いていける距離に無い」
などと答えています。

その他、詳しくは調査結果資料をご覧ください。

あふれる健康食品情報〜広告表示を調査しました〜    2010-3-8
テレビ、新聞、雑誌等を通してちまたにあふれる健康食品情報。
健康食品は若々しく元気に生活するための強い味方。
でもはたして本当にそうなのでしょうか。
調査部では、身近な広告媒体としての新聞を取り上げ、健康食品の広告表示の問題点を調査しました。


ガソリン価格が下がって、消費者の車利用法は変わったのか!?    2009-3-10
ガソリン価格が著しく変動しています。
185円/箸氾調査部が価格調査開始して以来の最高値を記録した平成20年8月に、ガソリン価格の高騰に対する消費者意識についてアンケート調査を実施しました。
調査によって、近距離での利用を控えるなど車の利用方法を変え自衛している消費者像が明らかになりました。

その後、ガソリン価格は下がり、平成21年1月には、当調査部調査価格は98円まで下がりました。
そこで、今回は消費者の車の利用方法がどのように変わったかについて追跡調査を行いました。

結果は「詳細はこちら」ボタンからご覧ください。


「ガソリン価格は天井しらず!?これでいいの?」    2008-10-14
当協会調査部では、原油価格の高騰は、先の見えないガソリン価格の値上がりに繋がり、いまや、深刻な社会問題として、市民生活に大きな負担を強いています。
私たちの日常生活が車社会の中で営まれている中で、このガソリン価格の高騰に対し、消費者はどのように捉え、どのように対応しているのか、マイカー所有の方を対象に8月から9月にかけて、アンケート調査を実施しました。

その結果は、大変興味深い結果となっております。
内容は「詳細はこちら」ボタンからご覧下さい。(PDFファイル:235KB)

100円ショップは本当に安いの?    2008-4-10
   
「こんなものまで」と驚くほど豊富な品数の100円ショップ。文具や台所用品、衣料品や食料品など日常生活のほとんどがそろうほどです。特に文具や台所用品は色とりどりで品数が豊富です。

100円ショップで購入した商品が壊れてしまったら、「100円だから」といって簡単に処分していませんか。安易に余分なものまで買っていませんか。

はたして100円ショップは本当に安いといえるのでしょうか。品揃えの豊富な文具で安全性、耐久性、使い勝手等、一般の商品と比べてどんな差があるのか、チェックしてみました。

◆詳細は下記ボタンをクリックください。(PDFファイル:153KB)

<<前の10件