最新情報
    次の5件>>
2020年から現在の固定電話が使えなくなる?    2019-7-9
固定電話が使えなくなる? IP網への移行に便乗した勧誘に注意!

国民生活センター及びNTTから、上記に関する注意喚起がなされています。下記のような勧誘に注意しましょう。

(事例)
大手電話会社の子会社を名乗る事業者から、「2020年以降アナログ回線が廃止される。今の電話が使えなくなるので光回線に切り替えないか」と電話がきた。不審に思い断ったが、この会社の言っていることは本当なのか。(70歳代 女性)

(ひとこと助言)
NTT東日本とNTT西日本(以下、NTT東西)は2024年以降、固定電話のIP網への移行に伴い電話会社内の設備の切り替えを予定しています。

この設備切替に便乗し、固定電話や固定電話の番号が使えなくなる、といった勧誘文句で営業をする業者に注意しましょう。

IP網への移行後も現在使用中の電話機や電話番号はそのまま使うことができます。設備切替に伴う手続きや工事も不要です。

よく分からなければその場で返事はせず、家族や周囲の人に相談しましょう。

不審に思ったら、お早めにお住まいの自治体の消費生活センター等(消費者ホットライン188)、もしくはNTT東西の固定電話のIP網への移行に関する問い合わせ先へご相談ください。
【NTT東日本】 0120-815-511
【NTT西日本】 0120-190-022
受付時間:午前9時から午後5時まで(12月29日から1月3日までを除く)

これに関するリーフレットが国民生活センターから発表されています。下記「関連サイトはこちら」ボタンをクリックし、ダウンロードください。

不当な勧誘により締結させられた契約は、後から取り消すことができます。    2019-6-30
消費者契約法は年々、改正されてきており、不当契約の取消し・無効の範囲が拡大されています。

不当な勧誘とは例えば、うそを言われた(不実告知)、不利になることを言われなかった(不利益事実の不告知)、必ず値上がりすると言われたなど(断定的判断の提供)、通常の量を著しく超えるものの購入を勧誘された(過量契約)、お願いしても帰ってくれない(不退去)、帰りたいのに帰してくれない(退去妨害)、等が挙げられます。

平成30年度改正によって新設された事項は、就職セミナー商法(不安をあおる告知)、デート商法(行為の感情の不当な利用)、高齢者が不安をあおられる(判断力の低下の不当な利用)、霊感商法(霊感等による知見を用いた告知)、契約前なのに強引に代金を請求されるなど(契約締結前に債務の内容を実施など)です。

また、消費者の利益を不当に害する契約条項は、無効となります。例えば、事業者は責任を負わないとする条項、消費者はどんな理由でもキャンセルできないとする条項、成年後見制度を利用すると契約が解除されてしまう条項などです。

詳しくは「関連サイトはこちら」ボタンをクリックし、消費者庁ホームページの「不当な契約は無効です」パンフレットをお目通しください。

特別展示《 防災 》のお知らせ    2019-6-4
札幌市消費者センター

〜あなたに合った備蓄品〜
備蓄品にトイレと食べ物は必須です。
加えて、赤ちゃんがいる人、薬が必要な人・・・
それぞれ備えは異なります。
もう一度見直してみませんか?

期間:令和元年7月1日(月)〜7月16日(火)
場所:札幌エルプラザ 2階 交流広場
問い合わせ 札幌市消費者センター
      ☎ 728-3131

強引なシロアリ駆除サービス勧誘に注意を!    2019-5-29
国民生活センターからの注意喚起情報です。

<事例>
「お宅から⽻アリが⾶んできているとクレームが出ているので点検に来た」と業者が来訪してきた。しつこく何度もシロアリ駆除を勧められ、⼀⼈住まいで怖いので帰ってもらうために契約した。作業前に代⾦を⽀払うよう⾔われて現⾦で約50万円⽀払った。(70歳代 ⼥性)

<ひとこと助言>
・シロアリの点検と⾔って来訪した事業者に、⾼額な駆除契約をさせられたという相談が寄せられています。
・無料で点検させてほしいと訪問してくる事業者には対応しないようにしましょう。
・契約を勧められてもその場ですぐに決めず、家族や近所の⼈など周囲の⼈にも相談しましょう。
・家族や周囲の⼈も、⾼齢者の家に不審な訪問者が来ていないか、家の中に⾒慣れない封筒や契約書がないかなど、⽇ごろから気を配りましょう。
・クーリング・オフができる場合もありますので、少しでも不安を感じたら、お住まいの⾃治体の消費⽣活センター等へ早めにご相談ください。(消費者ホットライン188)

この記事に関する「見守り新鮮情報」リーフレットは、下記の【関連サイトはこちら】ボタンをクリックするとダウンロードできます。

電柱にカラスの巣を見つけたら!    2019-5-9
=賛助会員の北海道電力蠅茲蠕験茲琉汰瓦亡悗垢訃霾鹹鷆,ありました=

電柱にカラスの巣を見つけたら〈ほくでん〉までご連絡ください。

春から初夏にかけてカラスの巣作りが盛んになり、市街地では電柱にも巣を作ります。
巣の材料には、ハンガーや針金などの金属が使われることもあり、この金属が電線に触れると停電の原因となる場合があります。
電柱にカラスの巣を見つけたときは、お近くの<ほくでん>までご連絡ください。


【お問い合わせ連絡先】
・札幌支店:0120−06−0327
・札幌北ネットワークセンター:0120−06−0328
・札幌西ネットワークセンター:0120−06−0329
・札幌東ネットワークセンター:0120−06−0339
・札幌南ネットワークセンター:0120−06−0342
・千歳ネットワークセンター:0120−06−0348

    次の5件>>


最新情報協会のご案内入会のご案内講座のご案内
部・研究会活動のご案内|全区活動提言・意見・ニュースリリース
アンケート消費生活関連情報ご意見・ご要望トップページ