教育部
教育部の紹介
教育部は会員の有志で構成されています。
部活動は、暮らしに役立つ各種講座等を企画・運営しています。
講座風景
講座風景
教育部からのお知らせ
<<前の5件   次の5件>>
みまもり通信140号・141号をご紹介します。    2021-3-6
札幌消費者協会では、札幌市の委託を受けて「消費者被害防止ネットワーク事業」を行っております。

毎月、消費者被害防止啓発ビラ「見守り通信」が発行されております。

消費者トラブル事例として、今回は12月発行の140号及び1月発行の141号をご紹介します。


140号は「衣類を買い取りたいと訪問されたが狙いは貴金属?」
141号は「宅配業者を装った偽の不在通知に注意しましょう」

詳しくは【詳細はこちら】ボタンをクリックし、ご確認ください。

教育部からの情報提供「火の用心だより」    2021-2-1
教育部では公共機関などが消費者向けに発行している各種啓発ピラに触れる機会が少ないことから、確認頂きたい情報を適宜、転載提供しています。

今回は、札幌市消防局が発行している「火の用心だより」臨時号をご紹介します。

令和3年1月3日、4日、5日に、連続して死者火災が発生しました。火災原因は調査中ですか、火災は普段からの心掛けで防ぐことができます。

令和2年中の火災による死者は14名で、主な出火原因は「たばこ」「ストーブ」「こんろ」「電気関係」等です。

この機会に、火災を防ぐポイントをご確認頂き、火災を発生させない心がけに努めましょう。

下記【詳しくはこちら】ボタンをクリックし、内容をご確認ください。

教育部紙上講座「アパートを借りる際の注意点 〜考えなければならないことがいっぱいあります〜」    2021-2-1
みなさんは、アパートを借りるときにどんなことに気をつけていますか?
立地、間取り、家賃など‥考えなければならないことがいっぱいありますが、次のことに注意しないとあとで大変なトラブルを抱えてしまうことがあります。

◆下見をしないで入居したら、給湯設備が壊れていた!
◆(管理会社)あなたが壊したんじゃないですか、自費で直してください。
◆退去時に水回り清掃料を請求された。契約書に書いてあるけど聞いていなかったような気が・‥
◆クロスの全面張り替えを請求された…契約書には書いてあるけど、払わないとだめ?
など。

来る3〜4月は、特に引っ越しが多い季節を迎えます。
様々なトラブルに巻き込まれないためにも、アパートやマンションを借りる際に、注意をしなければいけない点などを、一度しっかり確認をしておく必要があります。

今回は、北海道建設部住宅局発行の注意喚起資料「アパートを借りるときは注意」から、取り上げご紹介しました。

下記【詳しくはこちら】ボタンをクリックし、ご覧ください。

「みまもり通信」139号・臨時号をご紹介します。    2021-1-6
札幌消費者協会では、札幌市の委託を受けて「消費者被害防止ネットワーク事業」を行っております。

毎月、消費者被害防止啓発ビラ「見守り通信」が発行されております。

消費者トラブル事例として、今回は11月発行の139号と12月発行の「臨時号」をご紹介します。

139号は「偽サイトに気を付けて!! 人気家電の極端な価格の値引きにはご用心!!」

臨時号は「”将来必ず値上がりする”と金を売りつけようとする訪問販売が増えています」

詳しい内容は、下記の「詳細はこちら」ボタンをクリックし、ご覧ください。

教育部紙上講座「カセットボンベの保管期間にご注意を! 〜内部のゴムパッキンが劣化してガス漏れすることも〜」    2020-12-3
新型コロナウイルスの新規陽性者の発生が、中々収まっていないなか、安心しての教育部講座が開催できないことから、教育部では当面「紙上講座」と言う形で、必要な情報をお届けしております。

今回の紙上講座は、国民生活センターが、令和元年12月26日報道発表資料「カセットボンベの保管期間にご注意を!〜内部のゴムパッキンが劣化してガス漏れすることも〜」を基に、札幌市の取り扱い方法も含め、お知らせするものです。

近年販売されたカセットボンベには、製造年月日が表示されています。現在お持ちのカセットボンベは、製造年月日から長期間経過していないか確認してから使用しましょう。

製造時期や購入時期がわからないような場合や、金属部に変形や錆がある場合は使用しないようにしましょう。

詳しくは【詳細はこちら】ボタンをクリックしてご覧ください。

<<前の5件   次の5件>>


最新情報協会のご案内入会のご案内講座のご案内
部・研究会活動のご案内|全区活動提言・意見・ニュースリリース
アンケート消費生活関連情報ご意見・ご要望トップページ