教育部
教育部の紹介
教育部は会員の有志で構成されています。
部活動は、暮らしに役立つ各種講座等を企画・運営しています。
講座風景
講座風景
教育部からのお知らせ
    次の5件>>
「みまもり通信」119号・120号をご紹介します。    2019-5-9
札幌消費者協会では、札幌市の委託を受けて「消費者被害防止ネットワーク事業」を行っております。

毎月、消費者被害防止啓発ビラ「見守り通信」が発行されております。

消費者トラブル事例として、今回はその3月発行119号と4月発行120号をご紹介します。


119号「1 回だけと思って健康食品を注文したが、定期コースだった。解約できるか?」

120号「売却した中古車の解約を申し出たら高額な解約料を請求され不満」

ビラの内容は「詳細はこちらボタン」から見られます。

みまもり通信をご紹介します。    2019-3-5
札幌消費者協会では、札幌市の委託を受けて「消費者被害防止ネットワーク事業」を行っております。

毎月、消費者被害防止啓発ビラ「見守り通信」が発行されております。

消費者トラブル事例として、今回はその1月発行117号と2月発行118号をご紹介します。

117号「新4K 8K 衛星放送開始に便乗した悪質な勧誘に気を付けて!」

118号「電気料が安くなると電話勧誘を受けた。本当に安くなるのか不安!」

ビラの内容は「詳細はこちらボタン」から見られます。

「みまもり通信」をご紹介します。    2019-1-3
札幌消費者協会では、札幌市の委託を受けて「消費者被害防止ネットワーク事業」を行っております。

毎月、消費者被害防止啓発ビラ「見守り通信」が発行されております。

消費者トラブル事例として、今回はその11月発行115号と12月発行116号をご紹介します。

115号「芸能人と信じてメールのやりとりをしていたが・・・利用料金が高額に!」

116号「宅配便をかたるニセSMS(ショートメッセージサービス)が届いたら注意!」

ビラの内容は「詳細はこちらボタン」から見られます。

「シニアのためのメイク講座」を開催しました。    2018-11-9
高齢になると、ややもすると出不精になり、そうなると普段、化粧もそこそこになりがち。化粧は「気持ちが前向きになる」「脳が活性化される」効果があると言われています。

今回は、(株)ツルハホールディングス及び資生堂ジャパンのご協力をえて「シニアのためのメイク講座」を開催しました。最初にツルハホールディングスの能力開発本部化粧品教育部長の西井身知子氏と資生堂ジャパンから、化粧に関する講話を頂きました。

スキンケアやメイクの仕方など、正しいメイク習慣を身に着けることが大切、また化粧をする方は統計的に寿命が長いという調査結果がある。それは結果的に外へ出る機会が増えたり、人と話をする機会が増えることが影響していると言われています。

また常に鏡を見る習慣、また肌に触れる機会を増やすことで、肌の新陳代謝が良くなります。また寝たきりの方にメイクをしてあげたら、とても元気になり動けるようになったという報告もあるそうです。

化粧は、毎日腕を上げることに繋がり、身体機能のアップにもつながること、顔の引き締めエクササイズをすることで、唾液の分泌がアップするのだそうです。

実習の時間は、まず血行を良くするためのスキンケアの仕方を学びました。日々のお手入れが肌を変えていくことを教わり、参加者は熱心にお手入れをされていました。また、自分に合うメイクの基本は、自分のパーソナルカラーを診断して頂き、それに合わせた色を選んでメイクをすることが、非常に大切なのだそうです。

参加者は笑顔満面で、とても肌ツヤがよくなり、最新の色、気になっていた色、好きな色を選んでメイクをして頂きました。メイク後はとてもしっとりした感じで気持ちが良いと、とても若々しく素敵になり、喜んでいただけました。

「見守り通信」をご紹介します・    2018-11-3
札幌消費者協会では、札幌市の委託を受けて「消費者被害防止ネットワーク事業」を行っております。

毎月、消費者被害防止啓発ビラ「見守り通信」が発行されております。

消費者トラブル事例として、今回はその9月発行113号と10月発行114号をご紹介します。

113号「突然、新聞の配達が始まった〜契約した覚えがなく、解約したい」

114号「地震災害に便乗した悪質商法に注意!しっかり断る!」

ビラの内容は「詳細はこちらボタン」から見られます。

    次の5件>>


最新情報協会のご案内入会のご案内講座のご案内
部・研究会活動のご案内|全区活動提言・意見・ニュースリリース
アンケート消費生活関連情報ご意見・ご要望トップページ