中央区
全区活動を担う「地区活動部」のご紹介
衣・食・住・健康問題をはじめとした消費生活全般において、消費者力を高めるための講座・見学会などの企画・折衝・運営を行っています。
会員有志によるボランティアですが、地区活動部の活動を一緒にしてみたい方は、協会組織課にお申し出ください。

その活動内容をご紹介いたします。
    次の5件>>
古布でリメイク手作り講習会を開催しました。    2020-2-5
古布再利用の取組みを広め、実際に古布利用手芸を体験する講座を開きました。

タンスにしまったままになっている衣類をごみとするのではなく、再利用やリサイクルすることで、環境や資源保護に繋げようとする活動が広まっています。

今回は思いである古着を利用して、お雛様の作り方を学び、実際に体験をする機会を設けました。

講師はMRM(まだ・あ〜る・もったいない)代表の小野光江氏です。時間内に完成できるように講師の方で、私用する古布や型紙などの材料を一人分ずつ袋に入れて準備して頂いたものを、参加者に配布されました。

当日は補助担当者に事前に講師から作品作りのポイントを学んでいたので、参加者に対してのアドバイスをしながら、進めて行きました。

また、講座の中では、古着を処分したい場合の受け入れ先や、古着が最終的にどのように有効利用されているのか等も、教わりました。

参加者からは「自宅にも様々な古着があるので、色々なものを作るよう考えて行きたい」「人鍼ずつ縫って作っていくことによって愛着を感じる作品が出来た」「古着の受け入れ先を知ることが出来良かった」など大変好評でした。

東区民センターで乳製品料理講習会「牛乳とチーズでごちそう風に!」を開催しました。    2019-12-2
共催:よつ葉乳業株式会社

加齢による「骨密度の低下」を防ぐためには、牛乳・乳製品の摂取が最も吸収力がよく、毎日の食卓に乗せやすい食品です。今回はこうした乳製品を利用したメニューを中心に講習いただきました。

講師は札幌ポトフの会専任講師中村和子氏と能登友子氏。最初に「北海道牛乳普及協会」及び「ホクレン農業協同組合連合会」発行の「働きざかりの骨と健康」の冊子(参加者全員に配布)をもとに、カルシウムの摂取はなぜ大切かを知り、日常の食事を通して摂取を心がけると共に、「運動」「日光にあたる」「ビタミンD(卵黄・鮭・干し椎茸・しらす等)」の摂取が必要であること等、解りやすく説明がありました。

その上で今回のメニュー「力し一風味ドリア」「チーズと卵のスープ」「ほうじ茶のムース」の三品を取り上げました。
カレー風ドリアは、ご飯を暖かいうちにオリーブオイル、ケチャップ、カレー粉で味付けするのは初めての経験で、斬新なドリアが完成しました。ほうじ茶のムースは、ゼラチンを煮溶かすときに沸騰させてはいけないということ。しかし寒天の場合はしっかりと煮溶かすことが大事である事を再確認しました。

チーズと卵のスープについては、昆布でだし汁をとりましたが、ピザ用チーズを少量入れることで洋風のスープとなり、しかも昆布は細切りにしスープの具材に・・・食品ロスを意識した具だくさんの美味しいスープとなりました。参考試食としての「きゅうりと大根のヨークルト味噌漬け」は、講師があらかじめ自宅にて作成した物を各台で試食しましたが大変好評でした。味噌+ヨーグルト2種類の発酵食品でWの健康食品としてご紹介頂きました。

参加者からは「ドリアは、オーブンが無くても魚焼きグリル、オーブントースターでも焦げ目が付けばよいとの事で最近作っていなかったが孫と早速作ってみたい」など、好評でした。

厚別区民センターで簡単料理で「おうち女子会」パート6を開催    2019-11-27
近頃、すっかリ定番化した「おうち女子会」。気の置けないお友だちとの他愛のないおしゃぺりは、多忙な日々から開放される息抜きの場となっているようです。

場を盛り上げるアイテムの一つは、お洒落な簡単料理。とにかく食べておしゃべりをしたいという女性たちにとって料理に関する話題は欠かせません。今回はその女子会にふさわしい「道産魚醤」を使ったアジアン風料理を、栄養士・北海道フードマイスターの丸山奈緒子氏を講師にお呼びし、学びました。

道産魚醤は、魚の内臓や皮などの廃棄されるもので作られており、資源の有効活用に役立っています。取り上げたメニューは「シンガポールチキンライス(カオマンガイ)」「エビ・蓮根・ごぼうのベトナム風サラダ」「切り干し大根のタイ風サラダ」「ドライマンゴーのマンゴープリン」の4品。

シンガポールチキンライスは、鶏もも肉を切らずにお米と一緒に炊くことによって柔らかく仕上がります。エビ・蓮根・ごぼうのベトナム風サラダは、ニンニク・唐辛子が効いたピリカラ味。切り干し大根のタイ風サラダは、お正月のなますの代わりにもなる一品です。また、ドライマンゴーのマンゴープリンのドライマンゴーは、ヨーグルトに漬けると柔らかくなり、食べやすくなります。

参加者からの声を聴くと「彩りが良く、クリスマスにピッタリのメニューだった」「生姜マヨネーズやネギ塩ソースは、ほかの料理にも使えるので、とても参考になった」など、喜ばれました。

月寒公民館で、魚料理講習会を開催しました。    2019-11-15
生活習慣病を予防し、人生100年時代を健康に生きていくためには、たんぱく質をしっかり摂り、骨を丈夫にすることが大切です。 特に、秋鮭の中には、筋肉や骨を丈夫にするたんぱく質とビタミンDが多く含まれています。

今回は、手軽に手に入る魚介類と日頃から家庭にある野菜や缶詰を組み合わせて、簡単で美味しい料理を紹介しました。メニューは「焼き魚の変わりソース」「ベビーホタテと豆のトマト煮込み」「あさりと大根の味噌スープ」の三品。講師は札幌ポトフの会専任講師の吉田洋子氏と近藤幸子氏。

焼き鮭の変わりソースは、サラダ油でソティした鮭に、大根・リンゴ・生姜の摺りおろしと、玉ねぎ・セロリのみじん切りを合わせたソースをかけ、青じそのトッピング。ベビーホタテと豆のトマト煮込みは、野菜を角切りにしてミックスビーンズとトマト缶を合わせコンソメスープを入れ煮込みます。あさりと大根の味噌スープは、あさりを砂出ししてこすり洗いをしておき、大根と人参はいちょう切りにして、味噌とコンソメで味付けします。

参加者からは「簡単にでき、材料も特別なものでなく、手軽に出来るので良かった」「焼き鮭の変わりソースの料理がとても美味しかった。特にソースは絶品で、是非家族にも作ってやりたい」「秋鮭は高たんぱく低脂肪のヘルシー食品で、捨てることなくすべて食べられるということを知ることが出来た」など、好評でした。

秋鮭料理講習会(手稲区民センター)を開催しました。    2019-10-29
札幌市中央卸売市場水産協議会と共催で、秋鮭料理講習会を開催しました。講師は札幌ポトフの会専任講師の中村和子氏と能登友子氏。今回取り上げたメニューは「秋鮭のチリソース・ベビーホタテときのこのスープ・白菜の塩鮭のゆず風味漬の三品です。

秋鮭のアスタキサンチン、ホタテの亜鉛・タウリン等は、老化を防ぐ効果があります。鮭に含まれるアスタキサンチンは、オキアミやエビと同様の天然色素で筋肉に定着、トマトのリコピン、緑黄色野菜のβカロテンなどと共に、強い抗酸化作用を持っています。

アスタキサンチンそのものは 血液をさらさらにして血栓の生成を抑え、脳血栓や心筋梗塞を予防効果があり、血中コレステロールの低下作用・血圧低下作用・血糖値低下作用が認められています。 子供の脳の発達にも必要で母乳にも含まれています。また、老人性痴呆症予防や網膜反射機能の向上にも効果があることが分かってきました。

旬の鮭、いつでも手に入る蒸しホタテ、季節のきのこを使い、それぞれの栄養成分を引き出し、いずれも彩の良い料理ばかり。漬物はゆずの香りが良く、サラダ感覚で味わえます。

参加者からは「鮭のチリソースは初めてでしたが、とても美味しいのでレパートリーの一つに加えたい」「旬のものは、矢張り良いですね。家族にも早速作ってあげたい」「漬物のゆずがさっぱりしていて美味しかった」「漬物に焼き鮭をほぐして入れることを知り良かった」などの声を頂き、好評でした。

    次の5件>>


最新情報協会のご案内入会のご案内講座のご案内
部・研究会活動のご案内|全区活動提言・意見・ニュースリリース
アンケート消費生活関連情報ご意見・ご要望トップページ